ホーム > ブログ・お知らせ

ブログ・お知らせ

福島市の住宅で水回りリフォーム中です。給湯器とオイルタンクが新しくなりました。

福島市の住宅で水回りリフォーム中です。給湯器とオイルタンクが新しくなりました。

DSC_2938

給湯器は、灯油給湯器です。わきに灯油のタンクを備えつけました。

オートタイプなので、お湯張も温度管理も自動でします。

DSC_2940

これで、錆びてたオイルタンクも新しくなりました。

後は、ユニットバスを組み立てるだけです。

 

by、ペンキン君

 

 

投稿日:2019年10月15日
コメントなし

福島市の賃貸ビル、足場架け払い工事、台風に備えシート外し

福島市の賃貸ビル、足場架け払い工事に伴い、台風に備えシートをすべて外しました。

DSC_2942

昨日の雨は、今までに見たことが無いほど強い雨が降り続きました。

風は、予想より弱かったのですが、やはりシートは昨日のうちにすべて取り外しておき、大正解でした。

賃貸ビルの外壁塗装は、完成したのですが、防水工事がこのあと残っています。

正面から見たビルは、ほぼ完成ですね。

DSC_2944

東側も西側も、壁の防水塗装も完成して、あとは足場をばらすだけです。

ガラスが割れている個所があったので、ガラス交換もしました。

雨漏りから始まった、外壁塗装工事ですが、昨日の大雨で漏れていないので、完璧ですね。

DSC_2947

足場のばらしが終われば、最終工事で防水工事を施工して完工になります。

雨漏りは、屋根からだけではないことをしって知って下さい。

by、ペンキン君

 

 

投稿日:2019年10月13日
コメントなし

福島市のアパート、マンションのプチ改修、プチリフォームで満室に

福島市のアパート、マンションのプチ改修、プチリフォームで満室に!

アパート、マンションのリフォームは、大規模改修をするより、プチリフォームで劇的に変化します。

何回かご紹介しましたが、壁の一面を豪華な壁紙に張り替えるだけで、雰囲気がガラッと変わるんですね。

今回は、襖の張替えです。

IMGP6683-2

思い切って大胆な色に、襖の張替えをしてみましょう。

ありえないような色に変えることで、若い方にも受け入れられる部屋に早変わりです。

わざわざ畳の部屋を、フローリングに変更しなくてもこのプチリフォームで、おしゃれな部屋に変身させることができるんですね。

是非ともお試しください。

by、ペンキン君

投稿日:2019年10月11日
コメントなし

福島市で住宅リフォーム、ユニットバス交換工事、土間打ち、電気工事

福島市で住宅リフォーム、ユニットバス交換工事、土間打ち、電気工事施工中です。

土間打ちが完了して、土間が乾いたらこの上に配管をしてユニットバスを組み立てていきます。

1570751945471

ユニットバスを組み上げる前に、電気の配線やら換気扇の配管やらを完成させます。

段取り良く、順番を間違えないように職人さんを手配していきます。

この順番が狂ってしまうと、予定通り工程通りに進みません。

1570751961637

1570751955945

目に見えない部分が、大事です。

これで、ユニットバス組み立て前の電気工事も完成です。

1570751968135

次は、大工工事です。

風呂場の出入り口が、既存のユニットバスと合わないので、大きくする必要があります。

ユニットバスを組み上げる前に、大工さんに出入り口を広げてもらってます。

1570751973501

図面通りに出入り口を広げておけば、あとは土間の上に排水管や給水管を設置して、ユニットバス組み立てを待つばかりです。

10月15日に部材が入荷して、16日に組み立て予定です。

完成が楽しみですね。

 

by、ペンキン君

 

投稿日:2019年10月11日
コメントなし

福島市の住宅リフォーム、水回りリフォーム、風呂場解体中です

福島市の住宅リフォーム、水回りリフォーム、風呂場解体中です。

1570671375284

ユニットバスの解体です。

壁、天井はばらし終わりました。

最後は、浴槽解体です。

1570671366483

天井裏は、こんな風になっています。

換気扇の配管を事前にやっておく必要があります。

1570671383353

ほぼ解体が完了ですね。

窓はそのまま既存のものを使いますので、綺麗に解体です。

1570671378585

最後の解体した部材を運びます。

廃材になるので、捨てるのにもお金がかかるんです。

この後、土間を打って暫く養生して乾かします。

土間が乾いたら、その上に配管していきます。

by、ペンキン君

 

 

投稿日:2019年10月10日
コメントなし

福島市、伊達市、二本松市でアパートの満室経営の為の内部改修工事を施工

IMGP5861-2

福島市、伊達市、二本松市でアパートの満室経営の為の内部改修工事を施工しました。

古くなったアパートを満室にする為には、工夫が必要です。

先ずは、どんな年代の人に入居してもらいたいかを決めて、その年代にターゲットを絞ってリフォームすることです。

 

IMGP6605-2

アパートのリフォームやリノベーションは、いかにお金をかけないでやるかが重要になってきます。

投資物件なので、利回りが大事ですからね。

クロスと電気を利用して、アッと言われるくらいの部屋に作り替えます。

IMGP9316

アパート、マンションのお金をかけないリフォームをご提案しますね。

古い物件でも、新築アパートに負けない部屋作りを目指します。

by、ペンキン君

投稿日:2019年10月8日
コメントなし

福島市の住宅で水回りリフォーム工事、ユニットバス解体始まりました

福島市の住宅で水回りリフォーム工事、ユニットバス解体始まりました.

先ずは、電気工事屋さんが入って、ユニットバスを解体する前に電源を切ります。

DSC_2923

電気屋さんを先に現場に入れないと、解体工事中に感電する恐れがあります。

電気やスイッチ類を外して、危なくないようにしてから解体工事に入ります。

電気は目に見えないので、怖いですよね。

DSC_2924

これからいよいよ、水回りのリフォーム、ユニットバス入れ替え工事が始まります。

工程としては、この後既存のユニットバスを解体して、土間にコンクリートを打って、土間の上に配管を施工して、16日にはユニットバスを組み立てます。

今回は、TOTOのユニットバス、サザナを取り付けます。

組み立て工事は、メーカーTOTOのほうから専門業者が入ります。

お風呂が使えませんが、新しくなり快適になったお風呂を夢見て、今暫くお待ち下さいね。

 

by、ペンキン君

投稿日:2019年10月8日
コメントなし

福島市、伊達市、二本松市のアパート内装、ハイカラな壁紙で施工

福島市、伊達市、二本松市のアパート内装、ハイカラな壁紙で施工しました。

IMGP1597-2

アパート、マンションでは、部屋の壁紙を一面だけ豪華でハイカラな壁紙に変えるだけで、お部屋の印象が劇的に変わります。

そこにライトを当てて、より一面の壁だけを浮き出るように工夫します。

是非にアパート、マンションのオーナーさんは真似してみてください。

IMGP6626-2

もちろん、部屋全体の灯りもお部屋の雰囲気に合わせて変えてみるといいでしょう。

古かったアパートも、これで見違えるようにモダンに変身します。

エルドラド

お金をかけないで、アパート、マンションのお部屋を劇的に変身させる方法は、まだまだあります。

アパート、マンションは、投資物件です。いかにお金をかけずに、効率よくリフォームするかがカギになります。

by、ペンキン君

 

投稿日:2019年10月4日
コメントなし

福島市の住宅で破風板や鼻隠しの傷みが激しいので、無料調査に行ってきました。

福島市の住宅で破風板や鼻隠しの傷みが激しいので、無料調査に行ってきました。

確かにお伺いしてみると破風板は、塗膜が剥げて塗装がボロボロです。

DSC_2692

切り妻の屋根で、三角の部分が破風板です。

雨樋がかかっていないので、どうしても早く塗装が剥げてきます。

左のほうの雨どいがかかっている板が、鼻隠しです。

鼻隠しは、横樋に守られているので、まだ剥がれが見られませんね。

DSC_2688

切り妻の住宅は、正面から見ると全ての鼻隠しに雨どいが付いているので、綺麗に見えますね。

しかし実は破風板や鼻隠しはこのお宅のように、木で作られている場合が多いので、塗装が必要なんですが、木に塗った塗装は、どうしても持ちが悪いです。

DSC_2691

西側から見て漏ると、やっぱり破風板はボロボロです。

下地の木が出てしまっているので、旧塗膜をペーパーで落として、下塗り、中塗り、上塗りと3回塗りをお勧めします。破風板や鼻隠しは高い場所で手の届かないところにあるので、外壁塗装などと合わせて足場を組んだ時に、一緒に施工することをお勧めします。

 

by、ペンキン君

投稿日:2019年10月2日
コメントなし

福島市の店舗兼事務所の床をクッションフロアに張替え完成です。

IMG_7101

福島市の店舗兼事務所の床をクッションフロアに張替え完成です。

前回に引き続き、店舗兼事務所のクッションフロアの張替え工程を紹介します。

扇風機で風を送りながら、床を抑えていきます。

ボンドのにおいや有害物質を吹き飛ばし、乾きを早くする効果もあります。

IMG_7104

出入り口のドア下の床を、綺麗にカットしています。

このクッションフロアは、土足歩行用なのでかなりの厚みがあります。

カット施工は、かなり力が要りますね。

IMG_7108

クッションフロアの重なり部分を綺麗にカットして、その後ここから剥がれないように特殊な材料でカットして部分を埋めていきます。

IMG_7149

これで、つなぎ目から剥がれることが無くなりました。

土足で歩く部分なので、常に負荷がかかります。

絶対に剥がれないように、特にこのつなぎ目の部分は念入りに施工していきます。

IMG_7280

素晴らしい仕上げになりましたね。

土足で上がるのがもったいないくらいです。

綺麗になった、貸店舗兼事務所を見に来てください。

by、ペンキン君

投稿日:2019年9月28日
コメントなし

1/22 ページ12345...1020...最後へ »