ホーム > ブログ・お知らせ > 塗装工事 塗り替えはなぜやるか?

塗装工事 塗り替えはなぜやるか?

皆さんこんにちは、ペンキン君です。

今日は塗装工事 塗り替えはなぜやらなければならないのか?ということについて書こうと思います。

大きく分けると塗装には、保護美観の2つがあります。

屋根が錆びてきた。外壁にひびが入ってきた。など建物の建築年数が経てば当然保護のために塗装(塗り替え)が必要になってくるわけです。

建物を保護するわけですから、当然色を塗っただけでは保護にはなりません。

下地処理をきちんとして悪いところを補修して、それから塗装をするわけです。

外壁や屋根の色がふけてきた。色が飽きてきた。周りの風景に合わなくなってきた。などは美観が損なわれてきたからですね。

気分を変えるのに塗り替えをする。艶を出すために塗装する。周りの風景にマッチした色合いに塗装する。

当然色のプロのアドバイスの下に、色を選ぶのが賢い色選びです。

こんな風に塗装 塗り替えには考えなくてはならないことがいろいろあるんですね。

塗り替えのさいは私たち塗装のプロ集団 塗り替え情報館にお任せください。

by ペンキン君

コメント

この記事にはまだコメントがありません。

コメントをどうぞ