ホーム > ブログ・お知らせ > 伊達市の住宅で雨漏りがあり、屋上防水の現場調査に行ってきました。

伊達市の住宅で雨漏りがあり、屋上防水の現場調査に行ってきました。

伊達市の住宅で雨漏りが止まらないという問い合わせがあり、屋上防水の現場調査に行ってきました。

屋上防水1

屋上に上がってみると、防水効果は全然なくボロボロの状態でした。

これでは、住宅に雨が染み込んでいき雨漏りがしますね。

屋上防水3

コンクリートがボロボロで、特に大きい亀裂とかはないですが、コンクリート、モルタル自体に雨水が染み込んでいます。

染み込んだ雨水が冬には凍って膨張して、コンクリートをボロボロにしていきます。

屋上防水2

このようにコンクリートの表面が剥がれてしまっています。

屋上全てを、ウレタンの塗り防水で塗り替えする必要があります。

屋上防水4

雨水が流れていく穴(ドレイン)もボロボロですね。

雨水が上手くのみこめていないような状態です。

雨水が流れやすいような環境を作ってやる必要があります。

屋上防水塗り替えは、住宅を守る大事な役割です。早めのお手入れで住宅を守っていきましょう。

住宅屋上防水塗り替えのお問い合わせはコチラから

コメント

この記事にはまだコメントがありません。

コメントをどうぞ