ホーム > 2019 > 3月

ブログ・お知らせ

福島市のマンション改修工事で、床のフローリング材を張りました。

床

福島市のマンション改修工事で、床のフローリング材を張ります。

下地を木で組んで、床鳴りがしないようにしっかりと根田を組みました。

この上にフローリング材を張っていきます。

フローリング

フローリング材は、こんな風にして組んでいくんですね。

一枚一枚丁寧に隙間なく、張っていきます。常に足で歩きかなりの体重がかかるので、少しのゆがみもひずみも許されません。

これだけの工事で、和室から洋室へのリフォームが完成してしまいます。

投稿日:2019年3月28日
コメントなし

福島市のアパート・マンションの床を畳からフローリングに改修リフォーム

福島市のアパート・マンションの床を、畳からフローリングに改修リフォームを施工しました。

DSCF0104

畳をはがすとこんな感じに断熱材が出てきます。

この上に下地の木を組んでいきます。

DSCF0107

断熱材の上に直接木で下地の根田を組むと、断熱材は柔らかいのでフローリングを張ってから沈んでしまいます。

なので、一転断熱材の間に木で下地を組んでその上に根田を回しています。

この後いよいよこの上に、フローリング材を張っていくことになります。

和室から洋室への改修リフォームには欠かせない工事ですね。

 

床のフローリング張り替え工事のお問い合わせはこちらから

投稿日:2019年3月26日
コメントなし

福島市のマンションで外壁塗装、リフォームの見積依頼を受けました。

福島市のマンションで外壁塗装、リフォームの見積依頼を受けました。

管理大きなマンションですので、見積にもそれなりの時間がかかります。

マンション

マンション改修、リフォームは、上野階や下の階、または両隣はくっ付いているので音や振動に気を使います。

もちろん戸建住宅のリフォームも同じですが、マンションリフォームは特にですね。

マンションの外壁塗装になれば、大勢に人が住んでいるそのままで塗装工事をしますから、トラブルになることも多々あります。

施工会社の是非が問われますね。

オーナー様にも、住民の方にも気に入っていただけるように、一生懸命に工事をさせていただくことと、長年培ってきたマンションリフォーム、特に塗装工事の技術やノウハウ、そして何よりすべての人にストレスを与えず仕事をすることが大事です。

 

マンションリフォーム、塗装工事のお問い合わせはこちらから

 

投稿日:2019年3月25日
コメントなし

福島市の住宅でリフォーム工事、風呂場の解体を施工しています。

浴室

福島市の住宅でリフォーム工事、風呂場、浴室の解体を施工しています。

狭い中での工事なので非常に解体が大変です。大きな音もしますし、埃も出ます。

ご近所への配所が欠かせないですね。

解体は、もちろんそのお宅様への負担も大きいですが、何よりもご近所様への負担大きいのです。これをよく理解して解体工事を施工しないと、ご近所トラブルへ発生してしまいますので、注意が必要です。

浴室1

浴室リフォームのお問い合わせはコチラから

 

投稿日:2019年3月22日
コメントなし

伊達市の住宅リフォームで、テラスを増築リフォームしました。

ビフォー

アフター

伊達市の住宅リフォームで、1坪テラスを増築リフォームしました。

南側の暖かい場所に廊下から出入りできる場所で、本当にいい場所です。

暖かいので、洗濯物も直ぐに乾くし日向ぼっこをしてもいいですね。

このユニット式のテラスは、組み立てるだけですのですぐに施工できます。

簡単に取り付けられ、値段もリーズナブルですので、写真を参考にしてご検討ください。

 

ユニット式のテラスの増築リフォームのお問い合わせはコチラから

投稿日:2019年3月14日
コメントなし

福島市の風呂場を解体して、ユニットバスにリフォームしました。

浴室解体1

福島市の住宅で風呂場を解体して、ユニットバスにしました。

まずは浴槽を解体します。その後壁と床を壊していきます。

解体するときの音がすごいので、ご近所挨拶が大事になってきます。

狭い中で二人入って解体ですので、かなり大変な作業になります。

浴室解体4

浴槽も取り除き、壁を解体した状態です。

ここにすぽっとユニットバスを嵌め込むわけです。

浴室解体3

床も解体完了です。

この後、ここにコンクリートで基礎の床を作り、その上に給水、排水の配管を取り付けます。

それがすべて終わったら、ユニットバスを組み立て完成です。

浴室施工後

サッシの写真のお風呂場が生まれ変わりました。

これで寒かったお風呂場も暖かくなります。

ゆっくりとお風呂に浸かってくださいね。

 

浴室解体、ユニットバス入れ替えのお問い合わせはコチラから

投稿日:2019年3月13日
コメントなし

福島市のアパートでコロニアル屋根フッ素塗装が完了

アパート

福島市のアパートで、外壁、コロニアル屋根塗装を施工しました。

3棟あったので、順番に1棟ずつ施工しました。

足場は、屋根より約1メートル立ち上げて、シートで養生もしました。

アパート屋根

コロニアル屋根の完成写真です。

高圧洗浄してから、エポキシ系のシーラーを2回塗布してフッ素塗料を2回塗布しております。

色は新茶色です。やはりフッ素は艶が違いますね。

コロニアル屋根

ボロボロだったコロニアル屋根が、見違えるような新築以上の輝きに生まれ変わりました。

コロニアル板自体は、薄いものなので軽くて建物に負担がかからなくていいのですが、やはり腐食しやすく折れやすいです。

コロニアル板事態が腐食すると、風でも板が折れてしまう場合があります。

そこから雨漏りの原因になりますので、注意が必要ですね。

 

アパート・マンションの塗り替え工事のお問い合わせはこちらから

投稿日:2019年3月9日
コメントなし

福島市でカーポートの屋根が破損したので、修理の見積もりに行きました。

カーポート

福島市の住宅でカーポートの屋根が破損して曲がってしまったので、屋根修理の見積もりに行ってきました。

実はこのような破損は、火災保険で降りる場合がほとんどです。

まずは、保険会社に確認しましょう。

屋根

カーポートの屋根の部分のアルミが激しく破損しています。

カーポートの屋根材にあたるポリカーボネート、通称ポリカも壊れてしまっています。

ポリカは一枚交換になりますね。

アルミは薄い素材なので、横からの衝撃には弱いです。

予想外の衝撃が加わることもあるので、注意が必要ですね。

投稿日:2019年3月7日
コメントなし

福島市の店舗改修工事が完成しました。

施工後

福島市の店舗改修工事が完成しました。

ブティックからガラッと変わって、パン屋さんになりました。夜のライトアップが素晴らしいですね。

鉄骨部分は黒く塗り、株の部分や扉は赤になりました。

塗料は耐候性の良い、2液型のウレタン塗料です。関西ペイントを使用しました。

看板の出来も素晴らしいです。

内部の改修は、今回はほとんど無くて外部改修がほとんどでしたね。

 

店舗改修のお問い合わせはこちらから

投稿日:2019年3月5日
コメントなし

福島市の店舗改修で、看板工事とテント張替えを施工しました。

施工前

福島市の店舗改修工事で、看板取り付け工事とテントの張り替え工事を施工しました。

外壁を赤く塗り替え工事も施工しました。

改修前は、ブティックで白を基調にした建物でしたが、施工後は、黒と赤を基調にした斬新なデザインに生まれ変わりました。

施工中

テントの下地の鉄骨を黒く塗装をして、黒のテントに張り替えました。

また、袖看板と正面の壁看板を取り付けました。

メロンパンのオブジェが目立ちますね。

投稿日:2019年3月4日
コメントなし

1/2 ページ12