ホーム > 2019 > 5月

ブログ・お知らせ

福島市の住宅で浴室改修リフォームを施工しました。

福島市の住宅で浴室改修リフォームを施工しました。

今回は、浴槽の交換のみのリフォームです。施工前はこんな感じでした。

浴槽1

蛇口を外して、浴槽も取り外しました。

どうしても、周りのタイルは壊れてしまいますので、あとで張替えが必要になってきますね。

浴槽搬入

モルタルで床を作って、新しい浴槽の取り付け準備をします。

新しい浴槽は、保温性が良くてなかなか冷めないので、光熱費がお得になります。

浴槽据付

浴槽を設置したら、あとはタイルを張って仕上げを行います。

最後に新しい蛇口を使て、浴槽リフォームが完成ですね。

 

投稿日:2019年5月28日
コメントなし

福島市の工場、倉庫の屋根塗装工事で高圧洗浄を施工中です

福島市の工場、倉庫の屋根塗装工事で高圧洗浄を施工中です。

工場

工場や倉庫の屋根は面積が非常に大きいです。

高圧洗浄をする場合、水や洗浄機も屋根の上に上げる必要があります。洗浄機を足場の上に置き、そこまでホースで水を給水します。住宅の屋根塗装だと、地面に洗浄機を置いて、水を出しっぱなしで、高圧洗浄をかけます。

それぞれ、場所や建物によって施工方法が変わってくるんですね。

この屋根は錆も出てますので、錆落としは手作業でペーパー掛けして落としていきます。

どれだけ塗装をする前に下地を綺麗にしたかで、塗り替えの成功は決まりますね。

 

工場、倉庫の屋根塗装のお問い合わせはコチラから

投稿日:2019年5月24日
コメントなし

伊達市の住宅で瓦屋根をガルバリウム鋼板に葺き替えします。

葺き替え3

伊達市の住宅で瓦屋根を剥がして、ガルバリウム鋼板に葺き替え工事を施工します。

古いうちになると写真のように、瓦の下に敷いてある油紙がボロボロになっていることが多いです。

子の下地に張ってある紙がしっかりしていると、多少の雨漏れでも部屋の中には漏れてきません。

しかしこのようにボロボロになって、木が出てしまっていると隙間から部屋に雨漏りがしてしまうんですね。

大事なものや衣類が台無しになってしまう場合があるので、屋根の転換はしておいたほうがいいでしょう。

ふきかえ4

昔の瓦屋根は、モルタルではなく土で固めているので剥がした後に、こんな風に泥になってしまいます。

葺き替え

二階の泥が下に落ちてしまい、一階の屋根を汚してしまいます。後で掃除が大変になりますね。

瓦は重いし一枚一枚独立しているので、少しずれただけで雨漏りが発生してしまいます。

軽くて丈夫なガルバリウム鋼板に張替えして、住宅への重みの負担を減らし、雨漏りのリスクを減らしましょう。

葺き替え2

 

投稿日:2019年5月10日
コメントなし