ホーム > 2019 > 7月

ブログ・お知らせ

福島市の貸店舗で和式のトイレを洋式のトイレに入れ替えました。

トイレ

福島市の貸店舗で、和式のトイレを洋式のトイレに入れ替えました。

今日は、和式トイレの解体を紹介します。

まずは、パイプ類を取り外します。

IMG_6776

それから、水タンクをばらしていきます。

IMG_6780

水タンクが取り払われました。

次はいよいよ便器の解体に進んでいきます。

IMG_6788

床材のフローリングを剥がしていきます。

そしてコンクリートをむき出しにするんですね。

IMG_6795

フローリングを剥がしたら、次はコンクリートを斫っていきます。

ピックを使ってコンクリートを壊していくんですね。

IMG_6804

だんだんと段差が無くなって、トイレの便器がむき出しになってきました。

間仕切りも解体して、すっきりしてきました。

IMG_6805

便器がむき出しになりました。コンクリートの塊も取れて、便器を外すだけです。

IMG_6813

和式の解体完了です。

ここに新しい洋式便器を取り付けるわけです。

便器の交換工事のお問い合わせはコチラから

投稿日:2019年7月30日
コメントなし

福島市の倉庫、工場、ビルの屋上から雨漏りの為、防水工事を施工しました。

福島市の倉庫、工場、ビルの屋上から雨漏りの為、防水工事を施工しました。

防水

30年経った屋上です。

防水がもうだめになっていて、階下に雨漏りがしていました。全体的に防水効果が薄くなっていましたので、あちこちから雨漏りがしていると考えられます。

この雨漏りと止めるには、屋上防水のやり直しが必要になってきます。

防水施工後

綺麗に、ウレタンの塗り防水で仕上げました。

これで台風の日も雨漏りがしなくて安心ですね。

防水工事は10年保証をしております。

大事な建物を長持ちさせる為には、屋上や屋根のメンテナンスは重要です。

まずは、雨漏りの原因を突き止めて、その後に対策を練る、そして適材適所で防水工事を行うという順序になります。

 

住宅、倉庫、店舗、工場やビルの防水工事のお問い合わせはコチラから

投稿日:2019年7月18日
コメントなし

福島市の工場、倉庫で階段踏み台、踊り場の床の防水塗り工事を施工しました。

福島市の工場、倉庫で階段踊り場、踏み台の床の防水塗り工事を施工しました。

内部の階段踊り場ですので、換気を良くして施工することが大事です。

古い塗膜を良く落として、下塗りにエポキシ系のシーラーを塗布します。

吸い込みを止める役目と、コンクリートと防水塗膜が良くくっつく役目を担っています。

床塗り

上塗りは、歩行が可能な塗料になります。

エポキシ系の固い塗料を使用しました。

階段は人が行き来して、常にこすられているような状態ですので、強固な塗膜が求まられます。

そして滑らない塗料ですね。

床防水

仕上がりが素晴らしい。

完全に溶剤が抜けきるのが、1週間くらいかかるので、1週間は養生期間を設けます。

そしたらこの階段は、歩行可能になります。

 

工場、倉庫の防水工事、塗装工事のお問い合わせはコチラから

 

投稿日:2019年7月17日
コメントなし