ホーム > 2019 > 8月

ブログ・お知らせ

福島市で住宅兼事務所の解体工事、施工中の現場です。

解体5

施工前の画像です。

福島市で住宅兼事務所の解体工事、施工前の写真です。

解体2

内部を空にしてから解体工事が始まります。まずは、外壁から壊していきます。

鉄骨構造なので、骨組みは最後に解体になります。

解体3

大分解体が進んで、屋根も壊されました。

もう少しで、骨組みだけになりますね。

解体

殆ど解体が終わり、最後の片づけです。

解体工事は、分別が難しくきちっと部材によって分けて廃棄しなければなりません。

解体4

最後に床を壊して、地ならしをして完成になります。

土間基礎になっているので、床の部分のコンクリートを壊すのが大変です。

解体工事は、音も出ますし埃も出ます。

ご近所に迷惑が掛からないように、最大限の配慮をしなければなりません。

事前のご挨拶も大事になってきます。事前に音が出る話や埃が舞う話をしておくことで、トラブルやクレームを防ぐことができます。

解体工事には、ご近所の挨拶周りが一番の重要事項だと考えております。

 

住宅、店舗などの解体工事のお問い合わせはコチラから

投稿日:2019年8月27日
コメントなし

ハチの巣駆除を福島市の住宅の車庫で行いました。

ハチの巣

ハチの巣駆除を福島市の住宅の車庫で行いました。

この巣は、足長バチの巣です。足長バチも、いたずらしたり近くによって行ったりすると刺しますので、注意が必要です。

アルミの車庫ですが、何か所か巣を作っていました。

知らずに近寄ったりすると襲ってきますので、早めに駆除する必要があります。

 

ハチの巣、害虫駆除のお問い合わせはコチラから

投稿日:2019年8月26日
コメントなし

福島市で給湯器が壊れて、石油タンクとともに交換リフォームになります。

給湯器

福島市で給湯器が壊れて、石油タンクとともに交換リフォームになります。

築30年ですが、一度交換していますが交換してから約13年くらいたちます。

部品交換で直して使う方法もありますが、住宅機器は10年ぐらいが寿命ですので、部品の交換して直ったとしてもすぐに他のところが壊れてしまう可能性があります。

ですので、結果的にすべて交換したほうが良かったということになるケースが多いので、10年以上使った機器は丸ごと交換をお勧めしています。

石油タンクも表側が錆びてきているので、内部にもおそらく錆が出ているはずですので、今回は交換を勧めました。

リフォームが済んだらまた写真をアップします。

投稿日:2019年8月24日
コメントなし

福島市の住宅で、ユニットバスの入れ替え工事リフォームの依頼を受けました。

福島市の住宅で、ユニットバスの入れ替え工事リフォームの依頼を受けました。

築30年のお宅ですので、大分ユニットバスは働いてくれましたね。

ユニットバス

横の写真になりますが、ユニットバス入れ替えリフォームの施工前の状態です。

水回りのリフォームは、築30年の物件だと配管からすべて見る必要があります。

水回りのリフォームをして、心機一転新しい生活を送ってみませんか?

このお宅の水回りリフォームが、どう進むのかを今後はアップしていきたいと思います。

楽しみにしていてください。

投稿日:2019年8月16日
コメントなし

福島市の住宅で床下に雨漏りの跡が見つかりました。

雨漏り

福島市の住宅で、床下に雨漏りの跡が見つかりました。

おそらく壁をつたって床下まで雨水が漏れてきたものと思われます。

屋根からの雨漏りに比べて、壁からの雨漏りはわかりずらいです。なぜならば、屋根裏には潜って雨染みを確認することができますが、壁は入り込むことができないので剥がしてみるか、床下まで漏れた雨水で原因を予想するしかありません。

このように床下までシミができて、雨水が漏れているということは壁が原因で雨漏りが発生している可能性が大です。

壁のひびや割れなどを見つけ出し、補修していきます。

雨漏りは、建物を早く痛め劣化させていきます。しかもカビの原因になり、ぜんそくなどを引き起こす可能性もあります。

原因を探り、速やかに補修して、最終的には全体的に直していくことが完全に雨漏りを止めて、快適な生活につなげることになります。

 

雨漏りや水漏れのお問い合わせはコチラから

 

投稿日:2019年8月5日
コメントなし