ホーム > リフォーム豆知識 > サイディングの種類と特徴

サイディングの種類と特徴

外壁材は、厳しい自然環境から住まいを守るのと同時に建物の寿命にも関わり、また、外観のイメージを左右する重要な建材です。

先日紹介したサイディングとは、ボード状の建材のことです。性能や価格、デザインなどのバリエーションが豊富なので、希望に合わせて選ぶことができるのも魅力です。

サイディングには、構成される素材によって、窯業系、金属系、木室系、樹脂系などに分けることができます。

窯業系サイディング

窯業系サイディングは、セメントなどを原料とした繊維質の木片や無機物などを混ぜ、強化してプレス形成などで板状としたもの。現在一般的な住宅で最も多く取り入れられている外壁材です。木繊維補強セメント板系、繊維補強セメント板系、繊維補強セメント、・けい酸カルシウム板系の3種類に分類することもできます。

硬質で密度が高いため、耐震性や遮音性、防火性などに優れています。商品的なバラエティも豊富で、価格帯も幅が広いです。デザイン的には、シンプルなものからタイル調、石積み調など本物のような風合いを持つ商品までそろっているので、どんな外観にもコーディネートすることが可能です。

最近では、光触媒塗装などを施したり、親水性のコーティングを用いるなど、メーカー独自の工夫もみられるようになってきました。色あせや日焼けを抑えるもの、汚れを防ぐ効果のあるもの、雨水で汚れが落ちたり、長く塗装をしなくて済むものなどそれぞれ特徴があります。またサイディングの継ぎ目に充填するシーリングを目立たなくすることで、すっきりと仕上がり、目地の汚れの心配がない商品などもみられます。



塗り替え・塗装をお考えの方は、ご相談、お見積りだけでもどうぞ!!

当社は住宅リフォーム、内装リフォームにも対応しております。

お客様に寄り添って丁寧に施行させていただきますので

お気軽にお声掛け下さい。


サイト内検索

リフォームプラン

(株)アド・ホック・デザイン

所在地
〒960-8055 福島県福島市
野田町2-7-8 コーポオータ102号
フリーダイヤル
0120-163-725
営業時間
8:00~18:00
定休日
毎週日曜日 第1・3土曜日

携帯でもご覧になれます

このページの先頭へ