ホーム > サービス > その他 > 福島市の住宅ベランダの床防水を、ウレタン塗り防水で施工しました。

福島市の住宅ベランダの床防水を、ウレタン塗り防水で施工しました。

福島市の住宅ベランダの床防水を、ウレタン塗り防水で施工しました。

築20年になるので、ベランダの床が劣化してきました。

防水工事施工前

既存は、シート防水ですが、シートだとつなぎ目が必ず出てしまいます。

繋ぎ目は、糊でくっつけてあるのでそこから劣化が始まります。

繋ぎ目が剥がれると、そこから雨水が入り雨漏りになります。

なので今回は、ウレタンの塗り防水で施工しました。

防水工事施工後

ウレタン塗り防水ですと、ゴムで全体を覆った形になるのでほとんど雨漏りの心配がありません。

ゴムですので、長い間には固くなり割れてくるので、上塗りだけでも10年を目安に定期的に施工することをお勧めします。

ウレタン塗り防水は、ゴムのようなドロドロした材料をコテで塗って厚みをつけていきます。

その後乾いたら中塗り上塗りと施工していきます。

規定通りの厚みをつけることにより、長持ちしますので、ウレタン防水は何ミリ厚がいいのかを調べて、きちっと管理するべきです。

大事なお宅を守る防水工事です。雨漏りがしないように普段のメンテナンスが大事ですね。

ベランダの防水は、劣化が進んでいるかどうかを無料点検しますので、よろしくお願いいたします。

 

コメント

この記事にはまだコメントがありません。

コメントをどうぞ